20代男のばーじょんかんりぶろぐ

さぶバージョン

ブログ関連

ブログは稼ぐのは簡単?あまりおすすめはしないけど僕が考えるあれやこれ

投稿日:

約2年ぶりの投稿です。
久しぶりの記事の投稿はどんなテンションで書いていいのか分からず、他のサイトに寄稿を寄せているような感覚です。

前回の記事を見てみると、ラグビー日本代表が南アフリカを破ったことに滾っている僕の様子がうかがい知れます。
更に2年後の2019年には、国内でラグビーワールドカップが開催されるので、更に国内のラグビー熱が高まることを期待しているところです。

バラエティ番組でもラグビー選手が出演したり、スポーツニュースでも試合結果が放送される機会が増え、”見るスポーツ”から”やるスポーツ”に近づいているのではないでしょうか。

~~

~~~

ブログってこんな感じです。

たった250文字程度の文章を読み進めるのが、結構な苦行だと感じませんでしたか?
それを読んでもらって、なおかつ広告を踏んでもらうってなかなか難しいよね。

”ブログで稼ぐ”という事を実践するには、上に書いたような文章を誰かに読み続けてもらわなければなりません。
売れているブロガーにはキャラクターが存在しています。

毒舌・的確・統一・確立...etc

なんの特徴もない書き手の文章に光る部分があるでしょうか。
書き手の情報が何も無いブログに定期的な閲覧者は生まれ辛いでしょう。

少なくとも性別や年代、どんな事が好きでどんな事に熱中しているのか。
そんな情報が紐付いて、初めてその書き手のファンに繋がると思うんだよね。

だけど、

ブログ(テキスト)だからできることもある

これは僕の持論なんだけど、文章だけで表現できるからこそ、キャラクターを作れるのもブログの楽しさだし、強みだと考えています。
僕は20代後半の男なんだけど、文章の書き方(表現)を変えれば【就活中の大学生】にも【インスタに夢中な女子高生】にも、【頭皮に悩むおっちゃん】にも自分を演出することができます。

それって結構強みじゃない?

普段
「てへぺろッ☆」とか、
「ワンチャンあるぞ!ワンチャン!」とか全く使いません。

匿名だからこそ書ける内容だったり、思い切った切り口を見出すことができます。

~です。~ます。
~だよね。~じゃね?
語尾を変えるだけでも、どんな人が読みやすいか選択できる。

僕、わたし、私、俺、オレ、自分、ウチ、あたし
呼称を変えるだけで、書いている内容がフランクなのか固めなのか演出できる。

一番は自分が書きたい事を綴ったことに共感を得てもらうことがブログ飯の近道なんだけど、最初から”強武器”なんて持っちゃないです。
だから書くことを楽しむためにも、書き手のキャラクターを演じることは大事だと思うんです。
それによって読まれることの面白さを知れば、更にブログ(文章)を書くことに没頭していくサイクルが生まれるよね。

 

最初からSEO!ってのは無用!

ブログを始めるにあたって、最初から成功ばかりを考えるのはナンセンス。
書いたら見てもらえる!そんな幻想を持っていた時期が僕にもありました。

はてなブログとかwordpress運用ブログを見ていると、月間PV報告や収益報告が目に止まります。
それを見るたびに「よしっ!SEOを意識した記事作りやろう!」と息巻くのですが、2,3記事書いて成果が見られなければすぐに熱も冷めてしまいます。

この時、ゴールが【SEOに乗っかった記事作成】という一段高い目標設定に躓いているのに気づきにくい状態です。
まずは週に1記事。3日に1記事。2日に1記事。そんな定期的な更新を整えてみれば自然とホワイトハックなアクセスは増えていきます。(めちゃくちゃ地味です。はい。)

次第に、覚束なかった語尾の使い方に統一感が出てきたり、冗談を交えた表現ができたりと、書き手としての幅が広がっていきます。
そうなったときに改めてSEOを意識した記事の選定や、内部対策を凝らしてみると【定期更新】だった行動が【運営】に変わっていくのです。

そういった徐々にステップアップしていく感覚味わえるようになれば、副収入にも繋げられるのではないでしょうか。

とりあえず、まずはやってみる、やり続ける事がブログで稼ぐための一番の近道だったりします。

とまぁ、僕自身ちょっとした節目を迎えたこともあり、ブログ熱が再燃したので運営していたブログを辿っていた次第です。
このブログでSEOの勉強を再開するかもです。よろしくどうぞ。

カテゴリー

-ブログ関連
-

Copyright© さぶバージョン , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.