20代男のばーじょんかんりぶろぐ

さぶバージョン

料理

20代の男が作る今日のおかずシリーズ~「餃子」編~

更新日:

先日より動画投稿を始めました。シロです。

今回作った餃子の工程を記していこうと思います。

スポンサーリンク

オーソドックスな餃子

特にこだわりや特徴があるわけではありませんが、
餃子のみで味わう為に味噌を入れたり、しっかりとした味付けにしています。

材料

包む分量にもよりますが40-50個分の材料の目安になります。

▼▼タネ▼▼

  • 豚ひき肉 200g
  • キャベツ 1/2玉
  • 玉ねぎ  1玉
  • ニラ   1/2束
  • 長ネギ  1本
  • ニンニク 3片
  • ショウガ 1片

▼▼合わせタレ▼▼

  • オイスターソース 大さじ1
  • 醤油  大さじ2
  • 紹興酒 大さじ1
  • 味噌  小さじ2
  • 砂糖  小さじ1
  • 塩   小さじ2
  • 片栗粉 小さじ2
  • ごま油 適量

調理工程

合わせ調味料づくり

餃子のタネと合わせる調味料を先に作っておきます。

タネをこねながらだと、片手しか空かないので結構大変。
なのでこうして混ぜるだけの調味料を準備しておくと楽になります。

先に書いた”合わせダレ”の材料を混ぜ合わせるだけでおkです。

DSCN1049.Still002

野菜のカット

まず大変な部分ですね。
玉ねぎ・ニラ・長ネギ・生姜・ニンニクをみじん切り。
これだけでも結構大変なんですが、それと別皿にしてキャベツもみじん切り。

キャベツの他にも白菜を入れてもいいですね。

DSCN1049.Still004

塩もみ

キャベツの代わりに白菜を入れた時も、
塩もみはやっておくといいでしょう。

塩もみを行う前後で、見た目の量が半分くらいになりますが、
野菜の余計な水分が抜けて、青臭さも和らぎます。
しっかりとした味付けをする際には欠かせない工程です。

DSCN1049.Still006

包み

タネの包み方についてはそれぞれあると思うのですが、
この包み方だと

【水をつける:水をつけない】の割合が

【2:5】になるように包んでいます。

食べきれない分は冷凍する予定だったのですが、
冷凍すると皮の接合部分の水分が抜けて隙間ができてしまうので、
最後にしっかりと皮のつなぎ目を閉じておきましょう。

DSCN1049.Still007

焼き

個人的には蒸し焼きだと焦げにくいのでおすすめです。
元々皮にも片栗粉がまぶされているので、
水溶き小麦粉ではなく水を入れて蒸し焼きにしました。

マーブルコートやテフロンだと煙が出るまで熱くするのは出来ないので、
火の強弱を使ってしっかりと余分な水分を飛ばしましょう。

DSCN1049.Still008

まとめ

結構の工程を含めた為、出来上がりまでに日をまたいでしまいました。
それだけあって満足のいく仕上がりにはなったけど、
もう少しインパクトがあってもよかったかな。

DSCN1049.Still009

 

 

 

カテゴリー

-料理
-,

Copyright© さぶバージョン , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.