20代男のばーじょんかんりぶろぐ

さぶバージョン

音楽

清竜人がレーベルを移籍して新始動! 新プロジェクトの動向とは・・・?-その②

更新日:

 

前回の記事
【清竜人がレーベルを移籍して新始動! 新プロジェクトの動向とは・・・?】

を見てもらうと分かる通り、
彼のこれまでの経歴とその風貌を目の当たりにすると興味が湧かない訳が無いだろう。

という事で、引き続き。

スポンサーリンク

どうなっちまった清竜人!!

4thアルバム『MUSIC』

これまでの曲調、ライブでのパフォーマンス・MCの時と比べると
同一人物なのかと疑う程にその変わり様には惹かれた。

いや、引かれたんじゃなく。

惹かれた。

このアルバムのコンセプトはミュージカルとなっていて、
ライブもマイクを持って歌うという形式ではなく、
本当にミュージカルをやってしまったのだ。

この時の映像としてはDVDでも販売されいるが、通販のみとなっています。
気になった人は是非チェックして欲しい。
本当にミュージカルなのだ。

 

 

んで、デビューしてから3年間程。

 

 

なんか色々増えました。

kiyoshi_photoMUSIC

 

今更気付いたんだけど、腰にたくさん付いてるのって・・・おぅふ=3

○ーターじゃねぇか!!!

そういう時期を経て5枚目へ。

 

5thアルバム『KIYOSHI RYUJIN』

前作の変貌ぶり凄まじく、今作は少し違った形でのアルバムリリース。

全国流通はせず、ライブチケットとのセットのみの販売。
ライブの会場は全国7箇所だったかな?

沖縄? 残念ながらライブ会場には入っていませんでした。
なのに、手元にあるのがこのCD。

KIYOSHIRYUJIN

沖縄でこのCD持ってるのは僕だけじゃないでしょうか。

ああ、悲しいかな。恐らく。

持ってるヒト \(^o^)/ ナカーマ \(^o^)/

 

収録されている曲には、全国流通させる事が難しいんだろうな
っていうワードが含まれていたり、
やはり薦められるかという点では「NO」に入る部類かもしれない。

 

このアルバムに限っては日常音の中で録音されている為、
全部が整った音じゃなかったりします。

アコギの指移動の「キュィッ」っていう音だったり、声の震えだったり。

これまでの曲をこの環境でやってくれないかな!?っていう位に良かったりします。
ただこの作品、今は販売していないんです。 残念=3

 

6thアルバム『WORK』

インタビューにて歌詞に意味は無いと答える程に
メロディラインに重きを置いた作品。

それでも「All My Life」はいい曲だと思うし、
これまでのアルバムの中で一番リピートしている作品です。

 

これまでの風貌の変化もこれが一番びっくりしました。ハイ。

work

正に、常に斜め上にいるとはこの事ですね。

 

新プロジェクト「清 竜人25」とは

公式より展開されている情報

  • アイドルユニットの結成
  • 清竜人を含むメンバーのオーディション
  • 清竜人がメンバー兼プロデューサー担当
  • エンターテインメント集団

4枚目の「MUSIC」の様なエンターテインメントなのか?

現在25歳という事で25? 限定的なユニットの結成なのか?

など、これからの動きも斜め上を予想せざるを得ない位楽しみです。

kiyoshiryujin25

 

今後の活動について

プロデューサーとしての活動っていうのはどうなの?
という声はあるかもしれません。

彼、前例として声優の堀江由衣さんへ2度。
でんぱ組.incメンバーの夢眠ねむ(ゆめみねむ)さんにも楽曲の提供がります。

単なる楽曲提供でなく、実際にその編曲(アレンジ)は見た目同様にすごいです。

楽曲提供一発目でこれですよ。⇒【検索】インモラリスト 堀江由衣

これを見るとアイドルユニットのプローデュースという流れは見えてくるかもしれません。

 

プロジェクトのオーディションの日程を見てみると、
書類選考が7月一杯。
選考終了後にレッスンに入る事を考えると
今年中のメディアへのリリースは難しそうですね。

やはり聴きたいのは彼の歌なんですが、
これもこれで楽しみなニュースでした。

カテゴリー

-音楽
-

Copyright© さぶバージョン , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.